ニキビ跡を悪化させないために

ニキビ跡はどうしても出来てしまう場合があるのですが、もし出来てしまったら悪化させないように気をつけなくてはいけません。

悪化させる最大の原因はニキビを触ることです。

ニキビが出来てしまうと痒くなるときがあるのですが、決してかいたりしてはいけません。

痒くてついついかいてしまうとニキビ跡が悪化してしまうことになります。

指先にはさまざまな雑菌がついているのですがニキビをかいてしまうことで指先についている雑菌がニキビの中に入り込んでしまいます。

その為ニキビの炎症が悪化してしまうことがあります。

ニキビの芯がでているときは押し出した方がよいのですが、自分の指でやるのは良くないです。

ニキビの芯というのは皮脂の塊です。

この塊に細菌が繁殖しています。

指で芯を出すことにより指の雑菌がニキビに入り込んでしまいます。

やる場合は清潔な専用の器具を使ったり、もしくは皮膚科でやってもらうと良いです。

ニキビ跡を悪化させないためには触らないことが一番良いようですね。

ニキビには段階があることをご存知ですか?

ニキビが悪化していくことで段階が上がっていってしまい、ニキビ跡の悪化にも繋がっていってしまいます。

白ニキビや黄ニキビがあるのですが、このような物が出来ると潰して白い膿や黄色い膿を出したくなる方が多いのではないかと思います。

ニキビを潰すことで雑菌がニキビに入り込み炎症を悪化させたり、毛穴の中が傷ついてしまいます。

そしてニキビ跡の悪化に繋がってしまいます。

特に黄ニキビを潰してしまうとクレーター状のニキビ跡が出来てしまいます。

クレーター状のニキビ跡になってしまうとなかなか治らないです。

傷がでこぼこしてしまっているので目立たないようにするまでに長く継続してケアする必要があります。

クレーター状の跡には肌の弾力がポイントです。

弾力のある肌でもちもちとした肌はクレーター状が目立たなくなります。

リプロスキンという物が効果的なので長く継続してリプロスキンを使い続けると良いです。

出来ればクレーター状の跡になってしまう前に悪化しないように気をつけケアをしていくと一番良いですね。