ニキビ跡が出来る原因とは

ニキビが出来てしまったときすぐに治るものは良いのですが、ニキビ跡になってしまってなかなか治らないものもありますよね。

そんなニキビ跡が出来る原因とはどのようなものがあるのでしょうか。

跡の中にも種類があります。

炎症を起こしてしまうことによって皮膚の組織がダメージを受け、ダメージを受けた部分を修復しようと毛細血管が作られるのですが、その毛細血管に血液が流れることにより皮膚が赤くなります。

通常は見えない毛細血管が通常よりも増えたりダメージにより皮膚が薄くなっているので赤みが目立ってしまうのです。

そして赤みだけでなく色素が沈殿して出来る跡もあります。

茶色いニキビ跡ができたことがある方がいるかと思いますが、そちらが色素沈殿による跡です。

メラニン色素というものが関係しているのですが、メラニン色素は紫外線などの刺激から肌を守ってくれる物質なのですが、通常は新陳代謝によって排出されていきますが、ニキビが治った後ターンオーバーが正常に行われなくなりメラニンが残ってしまう時があるそうです。

その為跡が出来てしまいます。

ニキビ跡の中でも赤みのある跡やシミのような茶色い跡などさまざまありますが、色だけでなく肌にでこぼこが出来てしまうクレーター状のものもあります。

表皮だけでなく真皮層まで炎症の影響で皮膚組織が破壊されてしまうことにより起きます。

炎症が起きると皮膚組織を破壊し炎症を抑え、免疫反応が出るそうです。

コラーゲンが破壊される事により新しく皮膚の細胞が作られなくなってしまったり、作られるスピードが遅くなってしまうと修復するのにムラが出てしまい肌がでこぼこになってしまうそうです。

そしてさらにしこりのようなケロイド状のニキビ跡もあります。

こちらはクレーター状よりも奥深くまで炎症や化膿が進んでしまった場合に出来る跡です。

ニキビが治ると真皮が修復されるそうなのですが、その時にコラーゲン線維が作られすぎてしまうと皮膚が硬くなりしこり状の跡ができてしまうそうです。

このようなニキビ跡は重度の炎症で毛穴の組織も壊されてしまい毛穴がない状態でしこり状になってしまうそうです。