ニキビ跡をつくらない為には

ニキビが出来てしまったらニキビ跡が出来ないようにしたいですよね。

しかしニキビ跡ができないようにするためにはどのような事に気をつけたら良いのでしょうか。

予防方法として一番良いのはニキビが出来た時初期の段階で角柱などを早めに除去しておくことです。

ニキビが炎症をまだ起こしていない時に古い角質を除去したり保湿したりしてケアしたり、ビタミンCを摂取したりニキビのケアを行うことでニキビの悪化を防ぐことが出来ます。

少し進行すると赤いニキビができるのですが、ニキビのケアを継続しつつニキビ用の薬を塗ることで悪化を防ぐことも出来ます。

ニキビの芯がもしでていたらその芯を押し出したり、毛穴を消毒すると良いです。

自分で芯をとることはニキビ跡の原因となる場合もあるので無理やり取ったりしてはいけません。

心配な方は皮膚科でやってもらうこともできます。

自分でもしやる際はばい菌がはいらないように清潔な綿棒を使ったり注意が必要です。

ニキビ跡が出来ないようにするにはニキビが出来ないように予防することから意識すると良いです。

ニキビ跡が出来ないようにするには普段の生活から意識する事が重要になってきます。

肌を綺麗にするには睡眠をたくさんとると良いと知っている方が多いかと思いますがどのくらい睡眠をとると良いのでしょうか。

だいたい1日に睡眠を6時間以上とると良いです。

睡眠をとることで体に溜まってしまっているストレスや疲れを発散する事が出来ます。

仕事が忙しかったり、夜遊びに行ったり、飲みに行ったりする事が多い方は睡眠時間が少なくなってしまっているかと思います。

趣味などが多い方もそうなってしまっているのではないでしょうか。

睡眠が短いとストレスや疲れがたまってしまうのでしっかり睡眠をとりましょう。

さらに枕などの寝具やタオルなどを清潔にすることもニキビ跡を防ぐことにつながります。

せっかくしっかり洗顔をしても清潔でない寝具やタオルではばい菌がついてしまったりすることがあります。

そして暴飲暴食も良くないです。

ストレスなどを抱えるとつい食べ過ぎてしまったり飲みすぎてしまうかもしれませんが、肌だけでなく体へも悪影響です。